持って帰ってもらえる可能性は低い

持って帰ってもらえる可能性は低い

企業や会社で発売している商品などを売る際、きちんと消費者にその商品について情報を伝える必要があります。そのために実施するのがプロモーションなのですが、当然のことながらプロモーションを実施するためには費用が必要であり、その効果を得られなければ費用をかけたからには何の意味もありません。

チラシ封入というプロモーションがだからこそオススメであり、費用対効果もバッチリです。しかもほぼ確実にレジ袋なら自宅へ持って帰ってもらうことが出来ますので、その家族や同居人にも受け取った消費者だけではなく、チラシを見てもらえるというメリットがあります。

レジ袋封入という今多くの企業で注目されているのがプロモーションで、消確実に費者に対して情報配信をすることが出来ます。店舗や街中などによくチラシを置いておくプロモーション方法がありますが、興味のある消費者しかそれでは手にとってもらえませんし、興味があったとしてもそもそもテイクフリーのチラシを持って帰ってもらえる可能性は非常に短身です。

スタッフが消費者へレジ袋封入は手渡しをすることになりますのでチラシを100%の確率で診てもらうことが出来るのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ